復古趣味屋に眠る日報

悩めるちいさな学生

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ にほんブログ村 大学生日記ブログへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ にほんブログ村 大学生日記ブログ 理系大学生へ

自信を付ける力

最近、自分に適度な自信を持てるようになったと思う。自分のブログを見返すと、それをより顕著に感じる。

とはいえ結構直近までは、自分にそこまで自信が無かった。ターニングポイントは、意外にも就活であった。大学に入学してから目標を追いかける為に積み重ねた努力が実ったとも言える。今までやってきたことを初めて会った採用担当さん…即ち全く知らない人にアピールして、それが認められた時に自分の中の世界が大きく変わったと思う。視野が開けていった様にも感じた。

ここで初めて、誰かに自分の事を喋って認めてもらえる事がこんなにも人を変えるんだと思った。そして、人を認めるというのにはパワーも必要である事、慣れが必要である事をインターンで学んでいる。

私の参画しているインターンでは、プログラミングやものづくりを中高生に教えるという仕事を任される。私は、こんな人を変えられる仕事に携わっていた事を、今知った。気付くのがすこし遅かった様にも思うが、幸いにもまだ一年以上ある。これから自分の経験も胸に中高生に向き合いたいと思った。

蛇足ではあるが、私はこのブログを高校の頃一番書いて記事を増やしていた。見返していると、やはり何処か自信なさげな影がチラついている様に感じた。大学に入ってから当時の事は忘れようとしていた事もあり、今はもう殆ど高校の空気感を思い出せない。しかし、記事はずっと残っているので何となくだが思い出に触れ直す事ができる。つくづく、日記って思い出を記すには適切なツールなんだと思う。

自信を持てるという事は、今自分は恵まれた環境にあるという事。これが分かれば、自分も人に自信を持たせる側に立つ事も、可能性を広げる側になる事も可能であるという事。もう忘れない様に。

久々になにか書こうか思ったけれど、何も思いつかなかった。脈絡のない日々を過ごしているんだと真っ白な編集ページを見て思う。確かに就活だとか、研究室だとか、そういうのは忙しかったりしていいと思う。けど、なにかまた別の刺激というか、そういうものが足りない気がする。
映画とか、そういうの。たまには見ても良いんじゃないかなって思う。

就活をちょっとして感じること

最近就活が活発になり始めた。学部学科や専攻によって就活開始時期がそれぞれ違うようだが、最近は早まりつつあると言われている。人事さんには就活始めるのが早いねと言われるが、自分の中では誇張表現だと思っている。先輩も同学年他学科の大学生もだいたいこの時期に就活を始めて、3月末には既に終えている人が多かったからだ。

自分は基本的に逆スカウト型のHPを利用してインターンや個別面談をしたりしているのだが、学歴フィルターはそれまでの努力次第では老舗大手以外なら大体無効化されると感じ始めた。なので、出身大学については大手行かないなら気にしなくていい気もする。

そして、会社に入ってからの事も想定した生活を送っておいた方が良いとも様々な会社の人事さんと話していると改めて感じた。簡単な例でいうと消費税の簡単な大枠の仕組みについてや、大体の情勢がどう動いているかも把握して置いたほうがいいな…と。そういう基礎情報を軽んじているとこの先確実に痛い目見ると話していて思いヒヤヒヤした。当然、情報技術だけでは食ってはいけない。経済ありきのシステムだし。

人事が見ているのは、今自分がやるべきことに対する姿勢、その人の雰囲気、挑戦意欲、一緒に働きたいかという点にかなり注目している。大学の先輩や教授はよく成績はあまり関係ないとか、資格はあんま役に立たなかったとか教えてくださるが、おそらくその人達がそこを売りにしなかっただけで実際すごく見ているしエゴサも半端ないのでできることからやっていくべきだと改めて感じる。

静かな記念日を。

私は自分の生まれた日をFacebookで公開していないし、勿論Twitter、LINEでも公開していない。理由は実に寂しいもの。祝ってほしいとも思っていないし、そして私はよく人の誕生日にちゃんと祝えていないことも後ろめたさに繋がり公開をしていないのだ。公開すれば、気付きのいい友人はすぐに送ってくれる。それが寧ろ此方の罪悪感に繋がるのだ。

私は悉く人付き合いが苦手な人種だと思ってしまう。此方から全くなにもアクションを起こさない事ばかりで、最終的に愛想をつかされる。それは完全に此方にしか非がないしどんなに頑張ってしようとしても抜けて行き改善されない。私と付き合うとその人の気持ちを下げてしまうので、深く付き合わない方が良いと思ってしまう。

Twitterの有名な外部連携サービスで、Peingという匿名で質問できるというサービスがある。あの自動生成質問で「LINEの友達はどれくらい友達?」と訊かれてはっとしてしまった。私の実際の友達と呼べる人は、多く見積もったとしてもほんの1割ちょっとだけだったのだ。私は純粋に、私はそういう人間だよなあ、と思ってしまったのはまた問題だろうとは感じている。

でも。気が楽だ。沢山の人からおめでとうと祝われて一周回って心労を抱えるより、限定的な数人に一言だけおめでとうだね、と言われる方が、軽くて、そして優しくて、嬉しい。そんな気がする。それくらい、静かな記念日を過ごしていた方が、私の丈に合っている気がするのだ。

ガラスのコップが懐かしい話

今日久々に硝子のコップで水を飲んだ。弟が小さかった頃から、簡単に壊れない様に合成樹脂で出来たものをずっと使っていた。物持ちは良く、もう5年以上使っているのだろうか。手軽に使えるものだから、ずっと合成樹脂のもので飲み物を飲んでいた。

今日ふと硝子のコップが目に入り、これで水を飲もうと思った。これは合成樹脂のものより前からずっと家にあるものだったが、ある時からあまり使わなくなった。きっかけは覚えていない。

透明な硝子と氷がぶつかる音が、とても心地よく聞こえた。とても懐かしく感じた。そういえば、最近この当たり前の様な音を全然聞いていない事を実感した。私があの頃から変わったのか…どこな不思議な感覚を覚えた。

他にもあの頃と今では感覚が変わっている所があるかもしれないとも感じる。私は少なくとも、少しずつ変化している。

進まぬ日々

今日も今日とてわたしは成長なし。最近良くわたしは小学校から成長が止まっていると思う。なまじ中身のない知識のみが身についたでかい餓鬼だと思う。

成長がない。これは人間じゃない。動物だ。

4日分の進捗

  • 07/04:とあるカウントアプリのサーバー()側の処理をある程度完成させた

androidアプリを作ってわくわくしようという授業で、TCPUDPを使って通信するアプリを作りましょうと言われているので、取り敢えずみんなのばらばらの端末から統合された一つのカウンターを使うという用途があまりわからないアプリを作成することにした。使用言語はどちらもJava。最初はメモ帳を共有するアプリにしようかと考えたけど実装量が多いと思ったので超絶サボった結果がこのアプリである。たぶん最後まで実装はできそうだがそのかわり見栄えはしない。周りの皆がどんなアプリを作ってくるのかが怖い所だ…。

  • 07/03:とあるページのヘッダーっぽいところを実装できた

cssに久々に触った。変なところで間隔が出たりするので少しそこで悪戦苦闘した程度か。

  • 07/02:とある動画の構成とリズム取りを完成させた

動画が長いと面倒なので8拍位音楽を削ったりした。まあ違和感なく繋げられたからいいでしょう。あとPremiereでリズムを取ったあとは全体的に1フレーム前にずらすと出力後の違和感がなくなることを学習した。

  • 07/01:自作アプリのメモ帳のRealmを使ったセーブ機能を実装した

殆ど前に自分が作っていたアプリを参考に作成した。「覚えているけど覚えていない」という状況だ。というか自分で新しくアプリを作成するのが数ヶ月前…いや、下手したら半年ぶりなのでもっと高頻度に進捗を出さないと死にそう。